白髪染めで洗面台が汚れたら


歳を重ねると、ほとんどの方は髪の毛のほとんどが白髪になってしまうものです。

白髪が少ない時はそれほど気にならずに、抜いて終わらせてしまうこともありますが、
白髪が多くなってきたらそうはいかず、白髪が気になる方は白髪染めを使うということに
なります。

白髪染めを使う時には、商品にもよりますが、最後には洗い流しますね。
洗い流すために、洗面台で毛染めをするという方も多いと思います。

そこで、特に初めて白髪染めをするという方に注意をしたいのが、白髪染めの
染料というのはかなり強いものなので、洗面台についてしまうとなかなか
とれなくなってしまいます。

ですから、洗面台で白髪染めをする時は、できれば洗面台に新聞紙を2、3枚敷いて
置きましょう。
新聞紙を洗面台に敷いて置くことで白髪染めで汚れるのを防ぐことができます。
新聞紙じゃなくてもラップなどでも良いかもしれません。

しかし、もうすでに洗面台に染料が付いてしまって黒くなってしまったという方も
いるでしょうね。

その場合は塩素系の漂白剤を使うことで落とすことができるようです。

しかし中には塩素系の漂白剤などを使っても落とせなかった、という方もいるようですので、
くれぐれも染料が飛び散らないように注意しましょう。
posted by 私が欲しい、ふさふさの黒髪 at | 成分の知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

白髪染めは塩素で落ちる


歳をとると大なり小なり白髪が増えてくるものですが、
白髪が増えて来ますと、白髪染めを使って白髪を隠される方が多いですね。

しかし、白髪染めを使う上で一つ知っておきたいことがあります。
それは白髪染めの色素というのは塩素によって分解されるということです。

塩素によって分解されるのですから、例えばプールですと、消毒のために塩素
使っています。
それで、白髪染めを使っている人が、そのプールに入ってしまうと、せっかく染めた色が
劣化してしまう可能性があります。

プール以外ではなかなか塩素が髪に付くということはないかと思いますが、
逆に白髪染めの染料を落とすことにも塩素が使えるわけです。

どういうことかと言うと、例えば白髪染めを使っていて液が床に落ちてしまった時や、
あるいは着ていた服についてしまったことはありませんか?

白髪を染めるための染料というのはかなり強いものなので、なかなか落とすことが
難しいのです。

しかし、それも塩素を使うことで落とすことができます。
浴室で毛染めをして、それがタイルに落ちてしまった場合は塩素系漂白剤を使って
落としましょう。
また、服については、生地によっても異なりますので、漂白剤を使える服を着ておくと
良いと思います。




posted by 私が欲しい、ふさふさの黒髪 at | 成分の知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイルについた白髪染め


白髪染めをされている方にとって、染め場所にはいつも苦労されると思います。
白髪染めは結構ニオイがキツイですし、使用後は最終的に流さなければいけないので、
お風呂場で染めているという方が結構多いのではないでしょうか。

しかし、お風呂場で白髪染めを使用していて、薬剤がタイルに落ちてしまって色が
取れなくなってしまったことはありませんか?

白髪染めの薬剤というのはかなり強い色素ですので、タイルなどについてしまうと
なかなか薬剤が取れにくくなります。

お風呂場が多少汚れても気にしない方もおられますが、綺麗なタイルに黒い色が
ついてしまうと目立ちますしやっぱり嫌ですね。

しかし、汚れを取ろうとしても、なかなかとれなくて困ってしまった方も多いのでは
ないでしょうか。

この白髪染めの薬剤を落とすには塩素系の漂白剤が効果的です。
またカビキラーなんかでも落ちるようです。

こういったものをかけてこびりついた色が溶けて流せるようになるまで、
しばらく放置してみましょう。

しかし、タイルや風呂場のなんらかの塗装などがはげてしまうという可能性もありますので

前もって、目立たないところに少し付けて試してみて、確認しておきましょう。


posted by 私が欲しい、ふさふさの黒髪 at | 成分の知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

馬油で白髪を改善


白髪でお悩みの方にとって、白髪対策の方法は、いろいろあります。

例えば、白髪が少ない本数であれば抜くという人が多いと思いますが、
抜いてしまうのは頭皮にとって、ダメージになってしまいます。
ですから、これは、適切な処置とはいえません。

また、白髪染めで染めてしまうという方法もありますが、これも髪の毛に色を
付けているだけですから、また何度も染める必要があり、白髪そのものを改善している
わけではありません。

白髪を改善する方法の一つとして、馬油を使うという方法があります。
馬油というのは人間の皮脂に近い成分で作られていますので、自然と肌に浸透しやすく、
その馬油で頭皮をマッサージをすることで頭皮の環境を改善することができます。

白髪になってしまう原因の一つとして頭皮環境の悪化というものが考えられます。
それはどういう事かと言いますと、髪の毛にしっかりと栄養が行き届いていないのが
原因とされているのですが、頭皮の環境が悪いと、栄養が髪の毛まで行き届かず、
健康な髪が作られません。

結果、黒くて綺麗な髪が作られないということになり、白髪になってしまいます。

馬油を毎日しっかりとマッサージをすると、頭皮の血行が良くなり、栄養の巡りも
改善されます。

栄養がしっかりと行き届けば健康な黒い髪にすることができます。
posted by 私が欲しい、ふさふさの黒髪 at | 成分の知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

白髪の治療薬はできるの


年をとると大なり小なり髪が白くなってきますが、これは仕方のないことでしょう。
しかし、中には若いころから白髪が目立って悩んでいるという方もおられます。
それが、少しであれば老けるのが早いぐらいの話で済ませることができますが、
年の割に異常に多い白髪というのは一種の病気であると言えます。

そのような方にとれば、白髪に対する治療薬というのはないのかと考えられますね。

ところが、白髪はなぜできるのかという研究は、これまでほとんどされて
いなかったのです。
原因がわからなければ、治療薬を作ることはできませんね。

やっと、最近の研究で、白髪の原因というのは色素細胞にあることがわかってきました。
色素細胞はメラノサイトとも言われており、このメラノサイトがメラニン色素を作っています。

メラニン色素が髪の毛を黒くしているのですが、そのメラニン色素がないと黒くならず、
白髪になってしまうのです。

ですから最近では、このメラノサイトという色素細胞の働きを活性化させる治療薬
作れるのではないかと考えられています。

この治療薬ができれば、白髪の悩みも一掃されると思います。

しかし白髪の原因がこの色素細胞であるということがわかったのは2009年の話ですので、
実際に治療薬ができて普及するにはもう少し時間がかかりそうですね。




posted by 私が欲しい、ふさふさの黒髪 at | 成分の知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

縁起のよい白髪とは



基本的に白髪というのはあまり嬉しくないですね。
白髪は、歳と共に、だんだん増えてきますので、老化の現象のように感じ、
増えてくるとどうしても老けて見えてしまいます。

ですから、白髪を見つけると抜いてしまったり、あるいは染めて隠してしまうという方が
多いのではないでしょうか。

しかし、白髪の中には縁起の良いものもあると言われることがありませすね。
普通に頭に生える髪の中の一本という場合だとそんな事はあまり言われませんが、
普段は毛が生えないようなところに長い白髪が生えていると幸運のしるしであり縁起が良いと言われています。
金運がよくなったり、仕事運が上がったりなど良いものを呼んでくるということらしいですね。
例えば頬のあたりに生えてきたり、膝の裏に生えてきたりといった白髪は縁起が良く、
そのまま抜かずに自然に抜けるのを待って自然と抜けてくれれば幸せが訪れるという方もいるようですね。
しかし、もちろんこういったことには化学的な根拠というのはなにもありません。
そもそも縁起が良い、ということ自体に化学的な理由なんていうのはないので、
信じない人は全く信じないのですぐ抜いてしまうでしょうし、
信じる人からすれば根拠なんて必要ないですよね。
posted by 私が欲しい、ふさふさの黒髪 at | 成分の知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

男性の白髪にもヘアマニキュア


白髪で悩んでいる女性は意外と多いですね。
女性というのはいくつになっても若く見られたいのですね。

でも、白髪で悩んでいるのは男性も同じです。
男性だって年齢を重ねてくると白髪が目立ってきてしまいますし、
女性と同じく、若く見られたいという方だって少なくありません。

しかし、女性に比べ、男性の方はあまり白髪染めを使うことはせず、そのまま
放っているといった方が多いです。

ですから、あまりそういった製品などには詳しく無いでしょう。
例えばヘアマニキュアと、白髪染めとはどう違うのかわからない方は多いと思います。

男性の場合はあまりヘアマニキュアを使うという方は少ないかもしれません。

二つの違いと言いますと、一般的に白髪染めというのは一度使えば1〜2ヶ月くらいは
黒い髪が持続してくれます。
しかしヘアマニキュアというのはシャンプーをするごとに落ちていき、だいたい
1〜2週間程度で使用前の状態に戻ってしまいます。

それでしたらメリットがないように思うかもしれませんが、ヘアマニキュアは白髪染めほど
刺激がないので髪や頭皮へのダメージが少なく、髪に優しいです。

こんな訳で、ヘアーマニキュアは比較的気軽に使えるというのがメリットで、
特に短期間だけ白髪を隠したいというような時に便利な白髪染めの方法となります。



posted by 私が欲しい、ふさふさの黒髪 at | 成分の知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

銀イオンを利用した白髪染め


白髪染めと言ったら、液を混合して髪に塗り、しばらくは放置して、その後
洗い流すというのが一般的です。
しかし、この方法は、面倒くさくて自分一人でするのは嫌だという方も多いですね。

染める準備をして、塗った後、長い時間放置して、すすいで等々、大変面倒です。
その上髪や頭皮に与える負担も大きいというマイナス面があります。

しかし、最近ではこの一般的な方法とは違った方法で白髪染めが出来る白髪染めが
話題となっています。

それが銀イオンを利用した白髪染めというものです。
銀イオンと聞いて、ピンと来ない方も多いと思いますが、どういった方法で
髪を染めるかと言いますと、銀イオンは光が当たることで金属微粒子に変化します。
その金属微粒子が髪の表面に付着し、その金属微粒子に光が当たると発色します。

つまりは光の力を利用して髪を染めるという方法なわけです。
この銀イオンを利用したタイプの白髪染めというのは、従来の白髪染めのように薬剤を
塗ってしばらく放置し、その後洗い流すといったことをする必要がありません。

出かける前などに髪にぬっておくと、外出中に太陽の光を浴びれば、それで徐々に
髪が染まって行くのです。

大変、手軽に使うことができるというので、今人気が大変高まっている商品です。
posted by 私が欲しい、ふさふさの黒髪 at | 成分の知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メラノサイトって何?


年を重ねるとみなさん、髪が白くなって来ます。
なぜ、若いころは黒かった髪が、年を取ると白髪になってしまうのでしょうか。
それにはちゃんとした理由があります。

髪の毛に重要なのは、髪に色をつけるメラノサイトという色素細胞です。
メラニン色素という言葉は、よく聞く名前で、ご存知の方も多いと思います。
このメラニン色素を作り出しているのが、色素細胞であるメラノサイトなのです。
このメラノサイトが活発に働くことでメラニン色素が作りだされ、それが髪の毛を
黒くしているわけなのです。

だから、メラノサイトが活発に働かなくなってしまうとメラニン色素が作られず結果、
髪が黒くならない、。
そうなると白髪になってしまう、ということになります。

このメラノサイトが活発に働かなくなってしまう理由の、一つが
まず加齢によるものということですね。
老化により身体のいろんな部分は衰えて行きますが、色素細胞も同様だということです。
そして若い人にも白髪があるのは生活習慣の乱れやストレスによるものだと思います。


posted by 私が欲しい、ふさふさの黒髪 at | 成分の知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

白髪に効果がある「ビール酵母」


白髪でお悩みの方はたくさんいらっしゃると思います。
その中でも、加齢に比例して白い部分が増えてくるというのは自然なことなので
仕方がないことですが、
若くして、白髪がたくさんあって困るという方のは、少し話が違いますね。

そういった方の、白髪を改善するための方法にはいろいろありますが、
その中で最近ビール酵母が白髪の改善に効果があるのではないかと言われています。

ビール酵母というと、色々な健康の効果が認められてる成分だということで、
注目を集めているサプリメントの一つです。

これは、ビールの原料であるホップから取れるもので、色々な効果を持っています。
特に、その中の一つで、メラノサイトを活性化させる効果というのがあります。

メラノサイトというのはいわゆるメラニン色素を生み出す働きがあります。
日本人の髪が黒い色になっているのは、このメラニン色素が髪の毛に
たっぷり含まれて、黒くなるのです。

逆に言えば、メラニン色素が髪に含まれないような状態だと当然白髪が
多くなってしまいます。

ビール酵母はメラノサイトを活性化させ、メラニン色素を多く作りだし、髪の毛を
黒くしてくれているという訳です。
posted by 私が欲しい、ふさふさの黒髪 at | 成分の知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


ロリポブログ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。